ja
top
米国Extonにある3Dプリンティングセンターでのオペレーション風景
米国Extonにある3Dプリンティングセンターでのオペレーション風景
<p>エアバスA320のエンジンにはいくつかの3Dプリント部品が搭載されています。米国では、Lockheed-Martin社が人工衛星用燃料タンク用に3Dプリントしたチタン製ドームを製造し、リードタイムを20か月からわずか2週間に短縮しました。当然のことながら、付加製造は主要産業の製造現場にも存在し、自動車、石油およびガス、および医療の主要企業は生産に付加製造を組み込んでいます。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>付加製造の影響は製造自体の域を超えています。すなわち、これは全体の価値連鎖およびビジネスモデルにおける変化の可能性を暗示しています。従って、産業界において企業は、パートナーシップ、生産の現地化、および従来の製造技術の補完としての3Dプリンティングの使用の観点からビジネスモデルを再考する機会、あるいは専用の3D生産拠点を検討するという機会さえ持っています。</p>

生産の分散化

<p>この20年の間、製造を人件費および運営費の低い国へ移動させることが世界的傾向でありました。しかし、デジタル化および付加製造の利点により、生産拠点を最終顧客により近い生産拠点に移転することで世界的サプライチェーンの変化が起こる可能性があります。たとえば、部品は必要な生産段階が少ない方法で再設計され、結果として材料の節減となる可能性があります。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>付加製造は無駄のない経営に完全に適しており、納期およびエンドユーザーに近い生産の観点で反応性がより良いことから、サプライチェーンおよび運用を最適化する可能性があります。同様に、販売後ポリシーおよび購買戦略は、予備部品在庫を制限し、在庫工程を単純化する現地での一体形部品の生産により影響を受けることになります。一方、現地での交換部品のプリンティングの可能性のために、維持管理における物流管理も単純化されることになります。</p>

未来は現在

<p>産業革命およびITが世界を変容させたのと同様に、付加製造は21世紀に世界産業を崩壊させることになりそうす。今日、付加製造のパイオニアは、より大きな価値の創造という目標を掲げ、プリンティングプロセスを越えて考えています。</p>
<p>付加製造はすでに、我々の設計についての考え方を、着想から製造販売まで変化させつつあります。しかし、ダイナミックな進展にかかわらず、3Dプリンティングセクターは依然として互いに未知であり、互いに影響を与えようとする2つの世界を結びつけようとしてますが、プリンターメーカーは産業的制約に慣れていません。一方で、メーカーはまだデジタル世界、そのプレーヤー、制限および機会を発見するプロセスの最中であります。</p>
<p>関係の構築が困難と思われる場合、プレーヤーはファシリテーターすなわち材料メーカーとして機能することができます。効率的なプリンティングプロセスを開発するために長年3Dプリンティング機械メーカーを支援するとともに、伝統的な生産過程に向けたソリューションを開発することで、材料メーカーはこれら2種類の企業の制約を深く理解しています。価値創造に向けた競争が本格化した場合、材料メーカーは相互に学ぶプロセスを加速し、総合的な付加製造の価値を得るために全ての要素を確実に統合することができます。</p>

See also

データ共有およびコラボレーションによる3Dプリンティングのスケールアップ方法

  • アルケマからの提案
  • 3d-printing
07/25/2019
4分
続きを読む