ja
top
PEKK、究極の3Dプリンティングに理想的なポリマー
PEKK、究極の3Dプリンティングに理想的なポリマー
<p><strong>この</strong><strong>10</strong><strong>年の間に、付加製造はプロトタイピングから工業生産へと着実に移行してきました。工程の信頼性、プリンティング速度、材料の入手可能性、部品あたりのコスト削減、工業分野エンドカスタマーの要求事項を満たす能力など、パラメーターに著しい進歩が見られます。初期の採用者は、航空術、航空宇宙、医学、および自動車産業において特殊な要求の厳しい用途に向けた</strong><strong>3D</strong><strong>プリント機能部品を開発することで、新たな産業革命への道を開いてきました。</strong></p>

共同開発および統合された専門的知識

PEKKポリマーの材料データシート

<p><strong>したがって、</strong><strong>1</strong><strong>年間、</strong><strong>PEKK</strong><strong>サプライヤーとしてアルケマ</strong><strong>、フィラメントメーカーとしてアルケマグループ</strong><strong>、および</strong><a href="https://minifactory.fi/blog/technical-datasheets-unleash-the-power-of-ultra-polymers/" target="_blank"><strong>miniFactory</strong></a><strong>社は、実際の用途における</strong><strong>Kepstan<sup>® </sup>PEKK</strong><strong>の特性を評価し、関連データシートを作成するために共同作業を持続しています。しかし、これは長期の困難なプロセスであり、</strong><strong>miniFactory</strong><strong>社セールス</strong><strong>マーケティングディレクターの</strong><strong>Olli Pihlajamäki</strong><strong>氏も次のように述べています。「材料データシートを作成することは、機械的特性とプリンティング品質の最良の組み合わせを見つけるためにプリントした標本の一連のラボテストを継続するということです。</strong><strong>PEKK</strong><strong>材料データシートは現在入手可能で、顧客は弊社のプリンターでプリントした場合の</strong><strong>PEKK</strong><strong>性能の程度および顧客のニーズにどのように適用できるのかを知ることができます。」</strong><strong> </strong><strong>したがって、成功させるためには、さまざまな関係者が各自の役割を引き受けなければなりません。</strong></p>

See also

プリンティングを超えて考える:付加製造の十分な価値

  • アルケマからの提案
  • 3d-printing
08/02/2019
4分
続きを読む