ja
top

アルケマは、Verkorの最近の1億ユーロの資金調達に際して数百万ユーロの出資を行いました。これにより、フランス・グルノーブル近郊にまずVerkorイノベーションセンターが建設され、初めての電池生産専用のギガファクトリーの建設が2023年から開始する予定です。2022年に稼働する予定のイノベーションセンターでは、スマートな産業プロセスを最適化し、新世代の電池を作成するための共同スペースを提供します。

したがって、アルケマは、ルノーグループ、EQTベンチャーズ、EITイノエナジー、IDECグループ、シュナイダーエレクトリック、キャップジェミニ、トーカイ・コベックス、デメテルなどの主要パートナーとの緊密な技術協力を伴う野心的なプロジェクトに参加することとなりました。このグループは、電池用途向けの高性能材料や製品を幅広く提供し、ヨーロッパでの統合された産業用電池生産ネットワークの構築に参加し、予想される急激な需要の増加に対応できる体制をつくります。

次世代電池の開発は、顧客の課題に対応するために、革新的で持続可能なソリューションを提供するスペシャリティ材料のリーダーを目指すアルケマの優先開発分野です。電気モビリティの開発を促進するこのプロジェクトは、特にヨーロッパの気候保護の目標をサポートするアルケマのCSR戦略に沿ったものです。

お問い合わせ